結婚式を控えて幸せな気持ちはありますが、浮かれている場合ではないのも正直なところです。準備することはたくさんあって、その忙しさが原因でケンカをしてしまうカップルもいるとか。

結婚式の日程が決まったら、ゲストに招待状を送らなければいけませんよね。その宛名書きにもさまざまなしきたりがあるのをご存知ですか。

まず、招待状の大部分は郵便で送ることになるでしょう。そのときには住所と名前を書くのが一般的です。自宅に郵送する場合はそれで構いませんが、会社に発送する場合には、会社の名前とその方の役職名も記載することがエチケットです。
結婚式招待状の宛名書きは毛筆少なくとも筆ペンで書こう

また、職場の方や仲のいい友人などには直接手渡しすることもあるでしょう。そのときは、住所は必要なくお名前だけ記載します。この場合も同じで会社の上司にあたる方には役職名を書くのがマナーなのです。

親戚などは、ご家族全員をゲストとして招待することが一般的だと思います。そのときは代表者のお名前を書いてその下に「ご家族様」と書いてもいいですし、お一人おひとりのお名前を書くこともあるようですね。

結婚式の宛名書きマナーはとても複雑ですから、マナーの本を読んだりわからないことはウエディングコーディネーターに相談するというのも安心かもしれません。