慶応通信を卒業するのは容易ではありません

これまで仕事が忙しかった事もあって大学への進学を諦めていたのですが、先日、新聞を見ていたら通信制大学の特集記事が載っていたので読んでみたところ、毎日通学をしなくても卒業可能な大学があることを初めて知りました。

調べてみると、有名どころでは、慶応義塾大学や早稲田大学でも通信教育課程を設置しているようで、中には一切通学しなくてもよいビジネスブレークスルー大学などもあるようで、私が学生をしていた頃と違って環境が整っているようです。

ちなみに慶応通信をはじめ、どの大学も入学は書類審査だけなので入学するのは簡単なようですが、一部の例外を除いて卒業率が非常に低いらしく、1番卒業率が低いケースでは1桁台ということもあるようです。

特に慶応通信の場合には英語の単位を取得するのに挫折する人が多いらしく、専門科目の単位は取れているのに外国語の単位が揃わなくて、結局は外国語が必須でない他校に編入したという話も耳にします。

私は正直外国語が他の学生と比べても苦手なのでついていけるかどうか分かりませんが、なるべく早い段階で英語の単位を取れるようにし、何とか在学可能期間内に慶応通信を卒業できるようにしたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ