結婚式招待状

招待客のスケジュールは招待状を送る前に確認しましょう

結婚式の招待状はまず誰を招待するかのピックアップから始まります。新郎新婦で何人位呼ぶかは半年前位にはざっくりでも把握しておきましょう。

 

日程が決まり次第、電話や直接招待客に連絡をすることをおすすめします。この際、住所の分からない人は確認しておきます。

 

私の身内では、日程を伝えた所、親戚のほとんどが教職関係の仕事の為3月は繁忙期でずらして欲しいとの要望があり、結局5月に変更していました。自分達の思いどおりにならないならないことも多々あります。

 

下準備が出来たら、招待状の外見のデザインです。ホテルウエディングの場合、ほとんどがホテルのロゴが入ったもので選べないかもしれません。

 

私達はレストランウエディングだったため、10種類位の選択肢があり式のイメージの和を表現する事ができました。場所によっては持ち込み料を取られることもあります。

 

続いて中身のデザインです。形式はほとんど決まっていますが、自分達の名前で招待するか、親の名前で招待するか、両方入れるかです。お互いの親に一度確認しましょう。こだわりのある親御さんも多いので、確認することでトラブルを避けることができます。

 

いよいよ宛名です。業者にお願いするか、自分達で書くかですが、私たちは節約のため結婚式招待状宛名書きは自分達でしました。業者に依頼すると一通約150円位かかったと思います。直接渡す場合は、住所は書かず名前のみです。最後に大安吉日に合わせポストに投函して、返信を待つのみです。
結婚式招待状宛名書きのコツを伝授します